【まとめ速報】ネコの速射砲

気になるニュースをお届けします!

貞子「俺!!お前の事好きだぜ!!ビデオ見てくれたから!!」

   

1:2015/05/24(日) 21:40:06.65 ID:
男「…」

貞子「しかもベータ!!
いや、VHSなら分かる奴もギリいるかも知れないけどよー」

男「……」

貞子「ベータだぜ!!ベータ!!」

男「………」

貞子「いやー、呪いやすかったわ!!
ベータだぜ!!ベータ!!」

男「…………」

貞子「映画で出てくるビデオ!!
あれ全部VHSだからな!?」

男「……………」

貞子「なのにベータ!!
上からガチャウィーンて!!」

男「…………………」

貞子「ピンポイントで呪ったわ!!
ぶははははは!!」

男「俺お前嫌い」

3:2015/05/24(日) 21:44:52.14 ID:
貞子「何でだよ!?」

男「いや…ベータバカにしたし…」

貞子「VHSに負けたくせに…プッ…
ぶははははは!!」

男「さて…
テレビから出る前に罠を…」

ザラララララァッ!!

貞子「これは?」

男「罠」

貞子「テレビの前に画ビョウ、ガラスの破片…
何に使ったか聞きたくないティッシュ…」

貞子「お前は鬼か?」

男「ベータバカにしたし」

15:2015/05/25(月) 16:51:40.81 ID:
貞子「保守ありがとう」

男「歯医者行けよ歯医者」

貞子「保険証ねーし」

男「とは言ってもなー…
毎度毎度挟まれてもな…」

貞子「だから挟まらないもんをよこせって」

男「挟まらないものか…
何があったかな?」

貞子「俺の好きなもんだと、きんぴらごぼうだろ?
もやし炒めだろ?白髪ネギの乗った冷やっこに…」

男「お前挟まれに行ってるだろ?」

16:2015/05/25(月) 17:06:57.19 ID:
貞子「そんなわけねーだろ?
たまたまだ↑よ、たまたま↑」

男「イントネーションおかしいよ?
気を付けて?」

貞子「しかし暑いな?
こんな日は風鈴の音を聞きながら、ソーメソでも食いたいな?」

男「ソーメンね?
あ?ンが、ソになっちゃうのね?」

貞子「炎天下で、冷たーいガソガソクソをかじるのもいいな?」

男「あ!?ンもリもソになっちゃうのね!?
て言うかお前ナイツ好きだろ!?」

貞子「大好き!!」

26:2015/05/25(月) 19:16:21.40 ID:
男「着替えろよ…」

貞子「でもっ!!お母さんが!!」

男「俺は前のがよかった…」

貞子「!?」

男「まあどうでもいい…
今日は万鯛とウマヅラハギの刺身、作るわ…」

貞子「お刺身…?」

男「早く、汚れてもいい服…
あそこの引き出しにあるから、着替えろよ」

貞子「お…おうっ!!」

――――――

男「うんまっ…!?」

貞子「伊豆の辛子だ、何に付けてもいいだろ?」

男「タカベ?聞いた事ないな…
でも脂乗ってるなー」

貞子「それを言うならウマヅラハギって何だよ?
白身なのに柔らかくて味もあるし?」

男「ハギの仲間なんだが…美味いんだわ…
小さいと唐揚げが美味い」

貞子「エチオピアには騙されるなよ?」

男「エチオピアバカにすんなよ?」

貞子「まあ、美味いもんな?」

男「ムニエルとかな」

36:2015/05/26(火) 05:52:20.40 ID:
貞子「おはよう!!
仕事行ってきまーす!!」
40:2015/05/26(火) 21:43:34.49 ID:
貞子「お母さん…やっちゃった…」

志津子「あらあら?
貞子ちゃんは昔から短気だったからねぇ。
怒らせちゃった?」

貞子「うん…
どうしよう…」

志津子「怒らせたままだと、ビデオは見てもらえないわねぇ?
どうするの?」

貞子「て言うかさ!!
歯並び治して、髪も切ったのに!!
何も言わねぇんだぜ!?」

貞子「似合ってるよ…貞子…
とかさ!!
笑顔からこぼれる白い歯が、とてもキュートだよ…
とかあるだろーが!!」

志津子「言ってもらいたいの?」

貞子「くっそどうでもいいわ!!」

志津子「でも、ビデオを見てもらうには、最低で仲直り以上にならないと…
惚れさせたり、恋人にでもならないと?」

貞子「何でだよ!!
あんな奴と恋人だなんてゴメンだね!!」

志津子「なら何でやきもちを?」

貞子「妬いてねーし!!
折角歯並び治して髪切ったのに!!
知りもしねー女のが綺麗だ的なこと言いかけてたのが気に入らねえ!!」

志津子「その女の子は貞子ちゃんが知らないだけでしょう…
完璧やきもちだわ…」

貞子「ぜってー呪い殺してやる!!
100年後の腐った姿見て心臓麻痺れ!!
ばーか!!」

42:2015/05/26(火) 22:02:33.69 ID:
男「む…」

貞子「おはよう!!男!!」

男「………?」

貞子「今日の朝ご飯は、味噌汁に卵焼き。
鯵の開きと…
冷奴…」

男「………」スクッ

ガチャ…バタンッ…

貞子「あ…」

貞子「………」

ガチャ…バタンッ…

バサッ

男「一回の新聞受けまで行かないといけない、ってのは…
めんどくさいよな…」

貞子「男!!」

男「白髪ネギの乗った冷奴か…
うん、うまいな…」

貞子「ああ!!」

46:2015/05/26(火) 22:50:43.13 ID:
貞子「じゃあ…俺も行くかな?」

女「ちょちょ!!
その格好でですか?」

貞子「ん?
何かおかしいか?」

女「おかしいと言うか…白装束は…」

貞子「でも俺、これしか持ってない…
あ?バニーガールがあったな?」

女「ダメですってば!!
はあ…わたしのを一着あげますから…
部屋に着てください…」

103号室

ズラアッ!!

貞子「スゲーっ!?」

女「さあ、好きなのを選んでください。
でも、口出しはしますよ?」

貞子「これいいなぁ!!これにするかな!?」

女「FFはもう遅れてます。
こっちなんてどうですか?」

貞子「水着…?」

女「ちがいますよっ!!流行にとらわれないホットパンツです!!
ちなみに…」

メクリッ!!

貞子「うわー!!装束をめくるなー!!」

女「細いけど、お肉はちゃんとあるんで、似合うと思いますよ?
それから上は…」

貞子「結局俺…選んでねえし…」

女「これでよし!!」

貞子「まあいいけど…なあ?
何で俺にここまでしてくれるんだ?」

女「えっ!?あれ…?
何でだろう…
分からないけど…」

女「こうした方が…
良い様な気がして…」

貞子「ふうん?変な奴」

49:2015/05/26(火) 23:08:10.54 ID:
面白い やるな>>1
50:2015/05/26(火) 23:42:11.18 ID:
貞子「25万っ!?」

男「そうだよ、そこからの千円だ。
その時代なら100円以下だよ」

貞子「そうだったのか…ビックリしたぜ…」

女(うん、話が分からない)

チーフ(この子もすごい可愛いぞ!?
一体どっちなんだ!?)

男「しかし…女さん、何でこんなのと一緒に?」

貞子「こんなのってのは俺か?」

男「そう」

女「えーっと…そもそも…
お二人はどんな関係なんですか?」

貞子「俺はこいつを殺すの」

男「俺はそれを阻止するの」

女「もうよく分からないっ!!
男さんっ!!
今日お邪魔してもいいですか!?」

男「え…?いいけど…
何食べます?」

貞子「俺刺身な」

女「わたしは冷しゃぶ」

男「意外とグイグイ来た」

51:2015/05/26(火) 23:54:59.06 ID:
貞子「>>49ありがとう」

貞子「柿ピーない?」

男「おらよ」

貞子「柿の種3にピーナツ1が最高だな」ポリポリ

女「ゴマしゃぶもいいけど、味ぽんもいいですね。
あれ?これ何のお刺身です?」

貞子「知らねえのよ?
万鯛だよ万鯛」

男「お前も知らなかったくせに…」グビグビ

貞子「うっせーな!!
今は知ってるからいいだろうが!!」

女「男さん、焼酎にレモンジーナって合いますねー」

男「マジすか?俺もやってみよう」

貞子「おーい男ー、つまみが足りねーぞー?
つまみ出せー」

男「お前を?
なら喜んで」

女「これ普通の飲み会でしょう!?」バンッ!!

貞子「んあ?」グビグビ

男「はい?」グビグビ

女「この貞子さんの事を教えて下さい!!」バンバンッ!!

57:2015/05/27(水) 01:23:23.22 ID:
男「うむー…
うお…頭いてぇ…」

男「うあ…
まだ四時半かよ…」

貞子「おう、起きたか?」

男「ああ…貞子…早いな…
もしかしてお前って…寝ないのか?」

貞子「まあ…な…」

男「それより今日は何だ?
いい匂いだ?」

貞子「イトヨリ鯛の煮付けさ。
お母さんに貰ってきたんだ、タカベもあるぜ?」

男「タカベか…
あれ美味かったな…」

貞子「ほら、早く支度支度!!」

男「あれ?言ってなかったか?
今日は休み」

貞子「えっ!?」

男「もう少し寝かせてくれ…」ムニャ…

女「いっけない!!今日学校だ!!」ガバッ!!

女「でも単位足りてるからいいかぁ…」ムニャ…

貞子「こいつら…」

60:2015/05/27(水) 06:51:28.00 ID:
貞子「おはようございます!!」
64:2015/05/27(水) 12:58:19.29 ID:
男「残り四日かぁ…
いきなり有給取れるかなー?
貞子?お前の実家どこ?」

貞子「あ?伊豆大島だけど?」

男「じゃあ、伊豆大島行って、お前が落とされた井戸に行って供養すれば…
成仏するとか…は?」

貞子「俺が落とされたのは伊豆大島じゃねぇし。
静岡だし、南箱根パシフィックランドだし。
南箱根ダイヤランドだし」

男「ギャルみてぇな口調しやがって…」

貞子「ま供養やお払いじゃあ、俺らはどうにもならねえぜ?
呪怨見たか?」

男「あ、ああ…」

貞子「カヤコ見ただろ?
あいつは、仏具である仏壇からでも攻撃する…
俺らはそんな事じゃ止められねぇよ…」

男「でも…」

貞子「後四日で消滅するんだよな…
はあーあ…」

男「強いんだか弱いんだか…」

70:2015/05/27(水) 20:45:28.17 ID:
貞子「納豆には卵だよな?」

男「大根おろしもなかなかだぜ?」

女「あたしは鰹節とワサビですね」

男「納豆って意外と何でも合うのな?
ところで女さん?早く学校行く用意しないと?」

女「あ…そうですね…」

男「と…」プップップ…

プルルルル…

男「あ、おはようございます、男です。
はい、ほんと急で悪いんですけと、明日から三日、有給取らせてもらいたいんですよ…
はい…はい…ええ、そうですね…
簡単に言うと…」

貞子「…」モグモグ

男「供養…です…」

女「…」

男「ええ、そんなところです。
いや、はい、出るのは明日の朝に…はい…え!?
違いますよ!!
あの二人はそんなんじゃないですよ!!
はい、今日は用意だけして、飯でも食べに…だから…お願いしますよっ!?」

男「ったく…」

貞子「有給取れた?」

男「ああ、チーフが何とか店長に話してくれるってさ」

女(男さんと貞子さんが旅行…?)

女(まあいいわ…今だけ楽しんで…四日後にあなたは…)

女(男さんとあたしを邪魔しないで…悪いけど…)

貞子「女?お前も行かねえ?」

女(消滅して…)

女「えっ?」

貞子「だからさー、三人で行かねえ?多い方が楽しいだろ?」

男「貞子、女さんは学校があるんだよ…」

女「あたしは…っ…単位は大丈夫なので…
連絡すれば…三日、四日くらいなら…」

貞子「決まりな?」

男「三人かぁ…ちょっと貯金と相談を…」

71:2015/05/27(水) 21:30:30.44 ID:
貞子「よーし!!
なら早くでかけようぜ!?」

男「明日の用意は、夜やればいいか?」

貞子「長野だろ?
おやきにー、野沢菜にー、蕎麦だろー?」

女「ワサビやみすず飴とか…」

男「ま、とりあえず出発しますか?」

貞子「やっりー!!俺助手席な!?」

男「服も買おうか?
一着じゃ不便だろ?」

貞子「白装束とバニーガールもあるぜ?」

女「それはちょっと…」

貞子「何はともあれ…
上田市散策…」

男「出発だ!!」

74:2015/05/27(水) 22:18:39.46 ID:
うまづらといい納豆といい
この1とは食べ物の好みが合いそう支援
75:2015/05/27(水) 22:31:39.88 ID:
>>74
わかるwめちゃ美味そうな描写してくるから酒呑みたくなるwww
76:2015/05/27(水) 22:51:47.68 ID:
>>74>>75ありがとう

おやすみなさい

77:2015/05/27(水) 22:55:20.51 ID:
>>76
おやすみ
また明日よろしく!

>>75
お前らと一度飲んでみたいね

81:2015/05/27(水) 23:29:01.64 ID:
>>76
おつかれ今日もありがと
>>77
いいねw煮付けや肝あえツマミに楽しい酒呑みたいねw
86:2015/05/28(木) 19:54:36.71 ID:
女「まあ…こんなところですかね?」

貞子「おおー!!」クルリ

貞子「ありがとよ女!!
俺ぁこういうのに疎くてな!!」

女「じゃあそれにしましょう。
さ、脱いで下さい」

貞子「え!?
いちいち脱がないとダメなのか!?」

女「そうです、さ、早く」

貞子「めんどくせーなー…まったく…」ヌギヌギ…

レジ

女「すみません、この服、もうここで着替えたいので
タグ取ってもらえますか?」

「はい、かしこまりました」

女「はい、貞子さん」

貞子「また着るのかよ…」

女「ぶつくさ言わない」

貞子「ったくよー…」

ゴソゴソ…

貞子「着替え完了!!さっさと行こうぜ!!」

「ありがとうございましたー」

「ねえ…あんな服…うちにあった…?」

「着る人が着ると…うちの商品でも…モデルが着てるみたい…」

「男がどうとか言ってたから…あの人の彼氏となると…」

「そうとうイケメンよね…絶対…」

「そうよねー…」

男「いっきし!!」

男「あー…風邪か…?」

99:2015/05/29(金) 07:17:35.98 ID:
貞子「おはよー!!
昨日はエラーで入れなくなって…
ゴメン…」
120:2015/05/30(土) 19:48:44.11 ID:
貞子「こんばんは!!
三時間のサービス残…フフフ…」
126:2015/05/30(土) 20:38:08.08 ID:
「荷物はトランクスだけ」に空目したのはナイショ
133:2015/05/30(土) 22:29:06.33 ID:
貞子ちゃんまた明日ね~
144:2015/06/01(月) 00:06:09.92 ID:
別荘男「こいつは攻撃なんてしないぞ?」

女「嘘…実際あたしは『あれ』に攻撃されました…
貞子さんに助けてもらって無事でしたが…」

別荘男(そうか…この子…見たな…)

別荘男(そうでなけりゃ、井戸の貞子は攻撃なんてしない…
貞子オリジナルが大人しくしててくれればいいが…
絶対しないだろうな…)

貞子「なら何であいつは女を…」

女「………」

別荘男「今後どうなるか分からないが…
これは忠告だ…いい意味でのな」

男「いい意味?」

別荘男「貞子ってのは自分の人生のキーパーソンだと思え
ビデオを見る見ないで、貞子は来る来ない…だろ?
でも君の所に来た」

男「はい…」

別荘男「貞子は来た…
じゃあ君は何かするかしないかなんだ…
俺は行動した、だから今幸せでいる」

別荘女「恥ずかしいですよ…」

別荘男「ビデオを見る見ないじゃないんだよ…
まあ…見たなら尚更…だけどね…」ジッ…

女「!?」ドキッ!!

男「まさか…あなたも…理不尽な理由で?」ボソッ…

別荘男「ああ…ちなみに…貞子が俺の所に来たのは…
ゼンリンの住宅地図を開いてグルグルドーン!!だった…」ボソッ…

男「ひでえ…」ボソッ…

145:2015/06/01(月) 00:25:36.65 ID:
貞子「行っちまったな…変な奴ら?」

男(行動…か…俺はどうすれば…
待て…俺は何でここに来た…?
何でここにいる!?)

貞子「なー、腹減っちまったぜ…
にぎりめし食わねーか?」

男「ああ…そうだな…」

貞子「ほい」

男「ありがとよ」

貞子「ほら、女も」

女「ありがとう…」

ボボボボボボボ…

男(行動って…何をすればいい…!!
とりあえず…目指すは熱海だ…
熱海からなら…伊豆大島への船があるはずだ!!)

*船の時間は無視します

156:2015/06/01(月) 21:02:12.94 ID:
貞子「シフト表に、今日は月に二回しかない待望の
『15時あがり』だったんですが
終わったの7時半でした
すみません15時って何時ですか?」
161:2015/06/01(月) 23:52:14.55 ID:
貞子「………はっ!?」

コッチ…コッチ…

貞子(日付が変わってる…いつの間に…)

貞子「うっぷ……」

貞子「あー…飲んだ……」

貞子「女…よく寝日は伊豆大島か…
ちょいちょい行ってるから懐かしくもねえんだよな…」

貞子「男…クーリングオフしてくれねえかな…」

ガラッ…

貞子「風気持ちー…」

貞子「消滅か…」

貞子「やだな…」

スタスタ…

ナデナデ…

貞子「女…」

貞子「俺…友達100人いらねぇや…」

貞子「二人で腹いっぱいだ…」

貞子「ふふ…」

貞子「とーもだーちふーたり…」

貞子「でーきまーした…」

166:2015/06/02(火) 00:15:47.49 ID:
貞子「ゴメンおやすみなさい!!」
170:2015/06/02(火) 06:02:19.08 ID:
貞子「おはようございます!!
サービス残業にいってきます…」

 - 2015年06月